観光地化による変化を知ろう

地域活性としての観光地化

地域活性化は過疎に悩む地域住民の願いでもあります。
そのための一つの手段として観光地化があります。
その地域の持ち味を生かし、観光客を呼び寄せ、そこから施設の誘致や住民の増加を狙います。
観光客は自分の住む地域の日常ではお目にかかれないものを求めます。
それは自然の絶景でもいいですし、城のような歴史ある建造物でもいいです。
美味しい名産の食品や綺麗な器やアクセサリーなどを添えればお土産産業も潤います。
最終的に市町村の人口増加や他の産業の活性化にもつながると理想的ですね。

観光地化は思った以上に効果があります。
本当に成功すればかなり広範囲の産業にとって有益になるでしょう。
では具体的に観光地になることのメリットはどのようなものなのでしょうか?

観光地になることのメリット

観光地になると、まず観光分野の産業が潤います。

主に観光地までの交通、観光地そのもののサービス、観光地に抱き合わせられたお土産屋、宿泊のための旅館などです。
それらを整備するためのインフラ系にも利益があるかと思います。
そして、名産品などの質を高めるため、それらの産業が活発になってきます。
そして、最終的にそれらの産業を高めるために雇用が増え、移り住む人が増え、市町村の人口増加につながります。

ちなみに、人口が増加すれば市町村は潤うので、市町村単位でさらなる観光地発展に力を注ぐことができるでしょう。
意外ですが、観光客の人は増えますが、市町村に根付く人口が増えるのは観光地化が成功してからもっと後になります。
しかし、人口が増える領域まで到達すれば、プラスのスパイラルが生まれています。
その流れを殺さないようにすれば利益を得ることができるはずです。